車売るなら車一括査定

車売るなら車一括査定

  •  
  •  
  •  
 

車売るなら車一括査定 > 車売るなら車一括査定

知ってる?車買取の「常識」

車を売ることに関しての「熟練者」はそうそう多くないでしょう。ここでは誰にでもわかるように「買取り」と「下取り」の違いなどなど、車を手放すときの常識についてご紹介します。

車を手放すときには「下取り」か「買取り」

中古車を手放す際には、「下取り」「買取り」のいずれかを選択することになります。
まず「下取り」とは、次に乗る車の候補が決まっている場合、そのお店で新しい車と引換に現在の愛車を買い取ってもらうというものです。

「買取り」とは、中古車を扱うお店にただただ車を売ってしまうことです。

「どちらが得なの?」

買取と下取りの違いがわかれば、次に湧くのはそんな疑問でしょう。もし、いくらかでも高く車を買い取ってほしいと思うならば、「買取り」を選んだ方が得とも言われています。
しかし、これら2つの方法には長所と共に次のような短所もあるので、要注意です。

下取りの長所

・古い車や走行距離がかさんでいる車でも、値段がつきやすい
・新しく購入する車の値引きが難しいときには、お店によっては下取り価格を高くしてくれる

下取りの短所

・価格面での比較が難しい
・人気車種でも、装備が充実していても、価格に反映されることが少ない

買取りの短所

・次に乗る車を決めていなくても売れる
・人気車種であったり、装備が良い場合は、高価買取に期待できる
・業者ごとに提示額が違うので、良い店を見つければ、高く売ることができる

買取りデメリット

・過走行車、年式が古い車の場合は値段がつきにくい
・需要によってかなり相場が揺れ動くので、タイミングによっては買取額が非常に低くなる

車を売るときの「流れ」について

「車を売る」と考えると、何やらとても面倒で厄介事も多そうなことに思われますが、その流れだけを辿れば意外にシンプルです。高く買い取ってもらいたい場合は「工夫」が必要となりますが、一般的には次の「3つのステップをこなすだけ」と考えておいていいでしょう。

STEP1 買取業者に持ち込んで査定を依頼

車の売却は、まず業者に査定を出してもらうことから始まります。いきなり近くのお店に持ち込んでもいいのですが、自分の車の価値がわからない状態ですと「買い叩かれる」危険もあるので相場観を養う意味もこめて、インターネットで一括査定を利用するといいでしょう。
その際、車種や年式、グレードなどを詳しく入力する必要があります。車検証を見れば大体のところがはっきりとするので、まず確認を。親切な買取業者であれば、ネットに入力した情報から実際の買取金額の概算を教えてくれることもあります。

STEP2 正式な査定を申し込む

自分ではわからない車の状態をきちんと見てもらうために、お店に車を持ち込んで査定してもらいます。出張買取を利用する手もありますが、その辺りは自分のスケジュールとの相談を。
査定士も人間です。車の「中身」が良くても「外見」がイマイチであればあまり良い印象を持ちません。信頼して、高く買い取ってもらうためにも全体的に汚れを落としておきましょう。

STEP3 複数の業者の査定額を比較…契約へ

査定額は業者によってかなり異なるので、いくつかのお店で査定書を出してもらって、額や対応について比較します。最良の一店が見つかれば、売却・名義変更などに必要な各種の書類を揃えて、いよいよ契約へ。車は契約日にそのまま引き取られていくことになるので、新しい移動手段についてもよく考えておきましょう。

 

Copyright 車売るなら車一括査定 All Rights Reserved.