車売るなら車一括査定

車売るなら車一括査定

  •  
  •  
  •  
 

車売るなら車一括査定 > 車売るなら車一括査定

傷は修理した方が良いのか

車査定というのは、新車に近い状態であればあるほど価格が高くなるのが一般的です。
走行距離が少ない方がいいですし、年式もできれば新しいほうがいいです。

そして見た目もできれば新しい方がいいに決まっています。
とはいえ、自動車を運転していると、どうしても傷がついてしまいます。

車のドア周辺には、鍵を差し込むときにできた傷ができることが多いです。
初心者の方が乗っている車などは、車のバンパーなどにこすった傷が残っている場合も多いです。

きれい好きな方は洗車機で車を洗うことも多いでしょうが、洗車機を使うと、ブラシのキズが残ってしまうことも。
そんなとき、そういったキズは修理をしたほうが良いのでしょうか。
これは、ケースバイケースといえます。

まず、洗車の際にできるキズ、これは自分でリペアしたほうが車査定には有利に働きます。
リペア方法は簡単です。
ワックスをかければいいのです。
ただしこの際、洗車機を使ってワックスをかけようとすると、結局同じことになってしまいます。
面倒でも自分でワックスをかけるようにしましょう。

鍵穴周辺のキズに関しても、自分で何とかできます。
カー用品店には、コンパウンドと呼ばれる粘土のようなものが売っております。
コンパウンドをキズ周辺にこすり付ければ、キズを隠すことができます。

こすり傷などは、あまり自分でリペアしないほうが賢明です。
自分でやろうとすると、本来のボディカラーと違うカラーでリペアしたり、仕上がりがかえっておかしくなってしまうからです。
この場合には、そのまま車査定に出すのが賢明です。

参考:車買取一括査定のポイント

※本文内
参考:車買取一括査定のポイント

 

Copyright 車売るなら車一括査定 All Rights Reserved.