車売るなら車一括査定

車売るなら車一括査定

  •  
  •  
  •  
 

車売るなら車一括査定 > 車売るなら車一括査定

車査定での大事なポイント走行距離

一般人にとって自動車査定のポイントというのは、どの辺が重視されるかというのがわからないものですよね。

一般人であってもある程度、判断できるポイントというのはあるものですが、自動車の価値というのは全体的なもので決まるためある一箇所だけで金額が決まるということはなかなか無いだけに、自動車査定はどの部分が重視されるのかというのははっきりしないものです。

しかし、一般人であっても比較的わかりやすい自動車査定のポイントとして走行距離があります。
当然、走行距離が多い車ほど査定額は下がりがちになり、少なければ査定は上がる傾向にあるのです。

走行距離が多いからといって状態が悪い車とは限りませんが、傾向としては少ない車よりも各部位が傷んでいる可能性は高くなります。

そのため、査定額というのは上がりにくくなってしまうのです。
それではなぜ走行距離が自動車査定において重要になってくるのかというと、一般人であってもわかりやすい評価基準になるからです。

一般人は車を見てその状態を判断することはなかなか難しいものですが、距離によってある程度の状態を推測することができます。

逆にいうのであれば一般人が判断することができる部分といったら、このように明確な数字が出ている部分しかないためどれだけ状態がいいものであっても過走行であればそれだけで価値が下がってしまうことになるのです。

特に10万キロを超えてしまうと、日本では車の寿命と考えている人が多くなるため、それだけで査定額が上がりにくくなってしまうのです。

そのため、少しでも車を高く売りたいのであればこのように節目となる、距離が近づいてきた時にできるだけ早く売る必要がでてくるのです。

 

Copyright 車売るなら車一括査定 All Rights Reserved.